総合商社で求められる人材とは?

よく言われるのはメーカーが作った商品を消費者のニーズにあわせて、あるいは産業用ならBtoBのニーズに合わせて、既にある商品を右から左へと流通させていく会社なので、総合商社に必要なのはもはや「人」であると言えます。

人、つまり人間力。人間的な魅力、情熱、営業力、外国人とも物怖じせずに会話ができる英語力(TOEIC800以上)、世界中を飛び回れるだけの体力と精神力、前向きな姿勢、そういう人材が求められています。

そのためには業界のことを良く知る事が大事。モノの流れは?お金の流れは?ヒトはどこにどんな形で関わってくるのか上流から下流まで知りましょう。OB・OGを訪問するのもOKです。

自分の情熱を高め、商社で何をしたいのか明確に言えることが大切。そんな明るくて元気あふれて魅力的な人材と一緒に仕事をしたいと思うことでしょう。

また、40代以降ともなれば人脈と経験が大きな財産になることも付け加えておきましょう。人脈を通してのビジネスチャンスの広がりにも期待したいと思っているからです。

第二外国語

日本語、英語の他に例えば中国語を話せる事は有利に働くでしょうか。実際には就職に有利になるでしょう。加えてその国々の商売の文化習慣を把握しているとなお良いと言えますね。

商品知識

新卒の場合基本的には経験ゼロ、知識ゼロからのスタートとなるのが当たり前なので、事前に商品知識がなくても、現場で覚える事ができます。ばりばりの文系卒でも化学や化粧品商社で働く事もありますからね。

このページの先頭へ